沖縄の青い海、水上バイクがぴったり

banner

絵葉書の様な風景

2013-09-26

9a174db9e8fcb8de9e5539ab60ff8c70_m_R油布島とは沖縄県に属する八重山諸島の島の一つで、亜熱帯植物の島として有名な島です。
西表島と隣接し、砂だけで出来た周囲2.0kmの小さな島で、現在の人口は数十人と少なめですが昼間は観光客で賑わっています。
油布島を航空写真で見ると、殆どが砂で埋もれていて西表島と同化しているように見えます。
潮が引くと西表島と油布島は陸続きになり徒歩や車で渡る事ができます。
観光用の移動手段としての油布島への行き方は西表島からの水牛車があります。
所要時間は約15分。
潮風を感じながらの移動はとても心地よく、素敵な気分を味わう事ができます。
油布島は島全体が「亜熱帯植物楽園」となっているだけあって、島の至る所にブーゲンビリアやハイビスカスといった南国の植物をたくさん見る事ができます。
それだけでも十分に癒されますが、油布島にもキレイなビーチがありまして、そのビーチに辿りつくまでの道のりも亜熱帯植物の島らしくキレイな南国の植物や花のアーチが揃っています。それをくぐり抜けると透きとおる様な美しい青い海が現れます。
思わずため息が漏れるほど素晴らしいこの風景には感動してしまいました。
ビーチからは小浜島なども見え、絵葉書の様な風景を思う存分に堪能する事が出来ます。

 次の記事へ「」→

Author

  • 名前:かずよし
  • 性別:男
  • 年齢:38歳

熱帯魚にハマっています。熱帯魚を育てるのも好きなのですが、色々な熱帯魚屋さんを巡って、色々な珍しい熱帯魚を見るのもたまらなく好きです。熱帯魚を見ていると嫌な事も全部忘れられます。

カテゴリー

アーカイブ

Copyright(c) 2013 sagatiba.us All Rights Reserved.